社会貢献団体

社団法人を設立し社会貢献団体を立ち上げる方へ

社団法人は非営利団体として設立されますので出資金は不要になります。非営利団体として立ち上げるのは営利を追求する株式会社とは違い出資金は必要ではありません。株式会社の場合には一定の資本金が必要になってきますが、社団法人の立ち上げ時点では出資金は必要ではありません。社団法人は金融機関からの資金調達ではなく別途基金という形式での公募を募ります。いくら公共性の強い社会貢献団体といえども資金がなくては活動はできません。

せっかく、地域社会に貢献できる社団法人を設立したとしても行動資金が無ければ設立した意味がありません。地域の貧困の子供のための配食事業を始めたとしても行動する資金が無くては始まりません。いろいろな企業に活動理念を理解してもらい活動資金を基金という形式で募るのです。企業のほうも自社のイメージアップにつながりますので説得さえできれば基金はしてくれるはずです。非営利団体はボランティア団体ではなく利益が出ても出資者に利益が配分されないだけで株式会社と経営は何も変わりません。サラリーマンには理解のできない話なのかもしれませんが、経営者は歳をとって富を得ると、今までのように利益追求だけではなく社会貢献をしていきたいと考えるように変わってくる人もいるのです。

株式会社を経営して利益を追求していくということは、いろいろな人や会社に迷惑をかけて利益を上げることが珍しくはありません。利益を追求するために社員を人を会社を犠牲にして生きてきた人生の罪滅しとして社会貢献団体を立ち上げて罪滅ぼしをしようと考える経営者の方も世の中にはいるのです。営利を追求するだけが会社ではありません。世の中のため、人のために経営していく団体。それが社団法人です。自社の利益を追求するのではなく、世の中のため、人のために存在する団体。社団法人を立ち上げる経営者の方の思いは理解できる人には理解ができるはずです。また、世の中を変えていくことに喜びを感じる経営者の方もなかにはいます。

利益を追求するわけではなく、活動するのが目的ですから、世の中に広まっていくのは株式会社より早く浸透していくものです。画期的な検索エンジンを社団法人として設立すればお金はかかりませんから世の中に広まっていくのは早いです。広まってからビジネスを展開する。そういう考え方もなかにはあります。まず、非営利で広く世間に認知してもらい、その後にビジネスを展開する。そういうビジネス戦略もあると思います。”