「口座名義」

一般社団法人設立のメリット「口座名義」

一般社団法人は平成20年の公益法人制度改革により、営利を目的としない団体であれば法人化することができるようになりました。
営利を目的としない団体というのは、収益を株式会社の株主配当のように分配しないということです。利益の分配が行われなければ、法律に抵触するようなことでない限りはどのような活動を行っても構いません。
公共性の強いボランティアや社会貢献の活動だけではなく、一般企業のように利潤追求の活動であっても問題なく、つまり、一般社団法人はとても広い範囲の活動団体に適合されるものです。

では、一般社団法人を設立するメリットはどこにあるのでしょうか。
そのうちの一つに法人名の銀行口座名義が持てるという点が挙げられます。

一般の任意団体の場合は、その団体名義で銀行口座を作ることができません。そのため、団体の資金集めとしての寄付を募る際も、代表者の個人名義を使わざるを得なくなります。
また、運営上の資金管理をする際も、同じく代表者の個人名義となります。
任意団体の場合は、社会的信用を得づらいということがあります。

一言で「任意団体」と言っても、特に何かしらの認可や許可をうけているわけではなく、人が集まって活動をしているという事実があるだけのため、よほどの成果が表立って出ている団体や、広告などで名の通っている団体以外はなかなか一般に認めてもらえない実情があります。
さらに、銀行口座が個人名であることで、取引相手からの信用は低くなりますし、何かトラブルが起きた時に責任や被害が代表個人に降り注いでしまいます。

また、代表者が交代した時には、団体として使用する銀行口座も変更しなければいけなくなり、何かと面倒が生じます。
しかし、一般社団法人を設立することで、法人としての口座名義で銀行口座を開設することができるので、それらの心配を払しょくすることができます。
また、資金管理もしやすくなりますので、団体としての活動の幅が広がります。

一般社団法人の設立は複雑なものではありません。
定款という法人の憲法とも最高規律とも言える重要事項をまとめたものを作成し、公証人によって認証してもらう必要がありますが、そこさえクリアしてしまえば、あとは代表者(理事)を決めて法務局に登記を行えばできてしまいます。
設立メンバーも2人以上で申請できますので高くないハードルですが、法人化することにより得られるメリットは銀行口座をはじめとして多岐に及びます。”